循環器症状

循環器症状

うっ血性心不全の症状の特徴は?原因となる疾患と治療法

急性うっ血性心不全は、心臓の機能低下により体内に水分が滞留し、息切れやむくみなどの症状が急激に悪化する病気です。原因には狭心症や心筋梗塞、生活習慣病、弁膜症、不整脈、心筋症が含まれます。治療法は薬物療法やCRT、補助循環治療があり、生活習慣の改善が予防に重要です。早期発見と専門医療機関での治療が命を守る鍵です。

循環器症状

狭心症の検査をすべき自覚症状と検査の種類…血液検査・心電図・カテーテル検査など

狭心症は冠動脈の狭窄や閉塞により一時的に心筋が酸素不足となり胸の痛みを引き起こします。診断には血液検査、心電図、カテーテル検査などが行われ、血液検査は心筋ダメージの有無や重症度を評価します。これらの検査は狭心症の診断や治療に重要な役割を果たします。

循環器症状

若い人が大動脈解離を発症する理由…マルファン症候群や血圧との関係

若い人が大動脈解離を発症する原因は、高血圧や動脈硬化、遺伝性疾患であるマルファン症候群などが関与しています。特にマルファン症候群では20〜30代の発症が多く、適切な予防と早期発見が重要です。予防には塩分制限、体重管理、禁煙、適度な運動が効果的です。

循環器症状

足の動脈硬化に初期症状はある?末梢動脈疾患の種類と治療法

足の動脈硬化は末梢動脈疾患を引き起こし、初期症状として足のしびれや冷えが現れます。症状が進行すると潰瘍や壊死を伴い、最悪の場合、足の切断が必要となります。治療法には生活習慣の改善や薬物療法、血行再建術があります。早期発見と治療が重要です。

循環器症状

大動脈解離はどんな病気?どんな痛み?前兆や症状について解説

大動脈解離は、大動脈の内膜に亀裂が入り、裂けた部分に血液が流れ込む病気です。突然発症し、胸や背中に激痛を伴い、場合によっては意識不明になることもあります。高血圧や動脈硬化が主な原因で、特に高血圧は重要な危険因子です。予兆はなく、早急な治療が必要です。

循環器症状

白血球が多い場合と少ない場合の原因は?血液検査で分かること

この記事では、血液検査で白血球数が多い・少ない場合の原因や意味について解説しています。細菌感染症や白血病が白血球数増加の要因でウイルス感染症や再生不良性貧血が減少の理由といわれます。様々な病気の可能性も説明します。

循環器症状

動脈硬化の種類と予防法…大動脈の石灰化で血管はどうなる?

この記事では、動脈硬化の種類とそのメカニズム、特に大動脈石灰化の影響や予防方法について解説しています。アテローム硬化や細動脈硬化、中膜硬化などの異常を詳細に取り上げ、食事や栄養摂取のポイントも紹介します。

頭痛やめまいを発症した女性
循環器症状

突然意識を失う「失神」の種類と原因の違い

この記事では、「失神」とその原因について解説しています。失神の種類や原因、具体的な状況、医学的アプローチに焦点を当て、脳神経疾患や心原性失神など様々な要素を説明。特に心原性失神には突然死のリスクがあるため、注意が必要です。

循環器症状

食後に動悸や息切れがするのはなぜ?原因と受診の目安

食後の動悸や息切れの原因と受診の目安について解説しています。食後は胃腸に血液が集中し、心拍数が上昇するため、動悸や息切れが起こることがあります。更年期や高血圧、運動不足も要因となります。症状が続く場合は専門医受診をおすすめします。