お悩み

胃がん検診は2年に1回で十分な理由と検診を受ける間隔

胃がん検診の対象者は、2年に1回の頻度で基本的に50歳以上となりました。以前は1年に1回だったのに、2年に1回に減らしてしまって本当に大丈夫だろうか?と疑問に思われた方もいらっしゃることでしょう。ここでは、胃がん検診を受ける間隔について解説します。

お悩み

大腸がんに痛みはある?症状や手術の影響、術後の緩和ケアを解説

大腸自体には痛覚を感じる機能はあまりなく、腸が張ったり傷ついたりしないと痛みとして感じることはありません。 大腸がんは初期の頃には痛みはあまり伴いませんが、いくつかの症状が現れることがあります。ここでは大腸がんの症状や手術の影響、術後の痛みを和らげるケアについて解説します。

お悩み

病院に行く目安は?大人も発症する食物アレルギーの種類と治療法

アレルギーのせいで何か食べられないものがあるという人や、季節の変わり目になると喘息で咳がひどくなってしまう人もいます。 食物アレルギーは今まで発症したことがなくても急に発症する事もあり、しかも重篤化してしまう可能性のある危険な病気です。ここではそのような食物アレルギーについて紹介します。

お悩み

胃潰瘍の症状の特徴は?胃がんとの違いと見分けるための検査方法

胃潰瘍と胃がんの症状には共通点があり、治療を行うにあたって両者を鑑別することが重要になります。 ここでは胃潰瘍の症状の特徴について確認し、胃潰瘍と胃がんの共通点や違いや、見分けるための検査方法について解説します。

お悩み

痒くないお腹の皮疹の原因は?ジベルばら色粃糠疹や梅毒など

お腹に皮疹ができたけれど、かゆくないので原因が気になったことはないでしょうか。湿疹が起こると多くの場合かゆみを伴いますが、かゆみを伴わない皮疹となるとかなり鑑別が絞り込まれます。ここではジベルバラ色粃糠疹や、梅毒によるバラ疹を中心に皮疹の原因について解説します。

お悩み

疼痛とは?痛みの種類と、評価・検査の方法

痛みは誰しもが嫌だと感じる症状の一つです。痛みがあるだけで筋肉がこわばり、ストレスを感じ、縮こまってしまいます。痛みを感じるかもと思うだけでそのことが嫌になり、避けようとします。ここでは、痛みとはどのようなものなのか、痛みを医学的にどのように評価するのかを解説します。

未分類

注意欠如多動症(ADHD)の特徴とレビー小体型認知症との関係【Doctors’ Columns #03-1│河野和彦】

最近、発達障害の話題がマスメデイアに多く流れるようになりました。間違った知識で偏見が生まれるのはよくありません。今回は、発達障害の中でも特に注意欠如多動症(ADHD)とレビー小体型認知症との関連について、名古屋フォレストクリニック院長 河野和彦さんに解説していただきます。

お悩み

胃がん検診は2年に1回で十分な理由と検診を受ける間隔

胃がん検診の対象者は、2年に1回の頻度で基本的に50歳以上となりました。以前は1年に1回だったのに、2年に1回に減らしてしまって本当に大丈夫だろうか?と疑問に思われた方もいらっしゃることでしょう。ここでは、胃がん検診を受ける間隔について解説します。

お悩み

大腸がんに痛みはある?症状や手術の影響、術後の緩和ケアを解説

大腸自体には痛覚を感じる機能はあまりなく、腸が張ったり傷ついたりしないと痛みとして感じることはありません。 大腸がんは初期の頃には痛みはあまり伴いませんが、いくつかの症状が現れることがあります。ここでは大腸がんの症状や手術の影響、術後の痛みを和らげるケアについて解説します。

お悩み

病院に行く目安は?大人も発症する食物アレルギーの種類と治療法

アレルギーのせいで何か食べられないものがあるという人や、季節の変わり目になると喘息で咳がひどくなってしまう人もいます。 食物アレルギーは今まで発症したことがなくても急に発症する事もあり、しかも重篤化してしまう可能性のある危険な病気です。ここではそのような食物アレルギーについて紹介します。

お悩み

胃潰瘍の症状の特徴は?胃がんとの違いと見分けるための検査方法

胃潰瘍と胃がんの症状には共通点があり、治療を行うにあたって両者を鑑別することが重要になります。 ここでは胃潰瘍の症状の特徴について確認し、胃潰瘍と胃がんの共通点や違いや、見分けるための検査方法について解説します。

お悩み

痒くないお腹の皮疹の原因は?ジベルばら色粃糠疹や梅毒など

お腹に皮疹ができたけれど、かゆくないので原因が気になったことはないでしょうか。湿疹が起こると多くの場合かゆみを伴いますが、かゆみを伴わない皮疹となるとかなり鑑別が絞り込まれます。ここではジベルバラ色粃糠疹や、梅毒によるバラ疹を中心に皮疹の原因について解説します。

お悩み

疼痛とは?痛みの種類と、評価・検査の方法

痛みは誰しもが嫌だと感じる症状の一つです。痛みがあるだけで筋肉がこわばり、ストレスを感じ、縮こまってしまいます。痛みを感じるかもと思うだけでそのことが嫌になり、避けようとします。ここでは、痛みとはどのようなものなのか、痛みを医学的にどのように評価するのかを解説します。

低血圧
循環器症状

血圧が低い時に足をあげる理由…低血圧の分類と対処法

立ちくらみやめまいといった症状の原因が低血圧のこともあります。低血圧には本態性低血圧、症候性低血圧、起立性低血圧があり、それぞれ特徴が異なります。ここでは低血圧の分類を取り上げ、低血圧を改善するための対処法や「下肢挙上」と呼ばれる方法を紹介します。