COPD

お悩み

肺気腫や喘息との違いは?COPDの特徴と併存症

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、肺や気管支のダメージが長年蓄積して発症する病気です。主に息苦しさ、咳、痰が特徴です。COPDと喘息の違いは、COPDが長期的に進行するのに対し、喘息は急性のアレルギー反応によって発症します。COPDには肺気腫や気管支炎などが含まれ、多くの場合、喫煙が原因です。COPDの併存症として心不全や骨粗鬆症などが多く見られます。

お悩み

COPDを楽にする口すぼめ呼吸・腹式呼吸・在宅酸素療法

この記事では、COPD患者における口すぼめ呼吸や腹式呼吸の重要性、在宅酸素療法の概要を解説しています。口すぼめ呼吸は気管支を広げ、腹式呼吸は横隔膜を活用し呼吸苦を軽減します。在宅酸素療法は低酸素状態を改善し、自覚症状や心臓への負担を軽減します。