喘息

お悩み

肺気腫や喘息との違いは?COPDの特徴と併存症

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、肺や気管支のダメージが長年蓄積して発症する病気です。主に息苦しさ、咳、痰が特徴です。COPDと喘息の違いは、COPDが長期的に進行するのに対し、喘息は急性のアレルギー反応によって発症します。COPDには肺気腫や気管支炎などが含まれ、多くの場合、喫煙が原因です。COPDの併存症として心不全や骨粗鬆症などが多く見られます。

お悩み

喘息の種類と違い…咳喘息・気管支喘息・小児喘息・成人喘息

この記事では、喘息の種類と特徴について解説しています。咳喘息、気管支喘息、小児喘息、成人喘息、アトピー型喘息、非アトピー型喘息、アスピリン喘息、運動誘発喘息、妊婦の喘息、心臓喘息などの各種類の発症メカニズムや症状、治療のポイントを詳述しています。また、季節の変わり目に喘息が悪化しやすい理由や喘息のコントロールの重要性についても触れています。

お悩み

喘息の検査方法は?咳喘息との違いや識別が必要なよく似た病気

喘息の診断には問診、血液検査、呼吸機能検査、呼気NO検査などが用いられます。咳喘息との違いは、咳以外の症状や気道分泌の亢進による気管支の狭窄が挙げられます。咳喘息を放置すると気管支喘息に移行するリスクがあり、早期治療が必要です。また、慢性閉塞性肺疾患や心臓喘息など、類似の症状を持つ病気との鑑別も重要です。