胃がん

お悩み

ストレスだけじゃない?胃潰瘍の原因とピロリ菌除菌治療

胃潰瘍は、胃酸やペプシンが胃粘膜を傷つけることで発症し、主な原因はピロリ菌感染、特定の薬剤の使用、食生活や生活習慣の影響です。特にピロリ菌は70%以上の胃潰瘍に関連しており、除菌治療が有効です。また、ストレス、喫煙、飲酒もリスクを高めます。

お悩み

胃がんで痩せる理由とは?術後の体重減少を防ぐ食事のポイント

胃がんで体重が減少する主な理由として、がん病変による食事摂取困難と悪液質状態が挙げられます。また、抗がん剤治療の副作用や胃がん手術後の体重減少も課題です。食事では消化しやすい食材を選び、栄養補助食品を活用することが重要です。

お悩み

進行速度を左右する要因は?スキルス胃がんの特徴と予後

「スキルス胃がん」の進行速度を左右する要因や予後、胃がんの種類について解説しています。スキルス胃がんは進行が速く、早期発見が困難な厄介な疾患であることが特徴。胃がんの種類や進行度により治療法や予後が異なり、定期的な検査が重要となります。

お悩み

胃潰瘍で入院は必要? 手術の種類と食事のポイント

この記事では、胃潰瘍での入院が必要なケースや手術の種類、食事のポイントを解説しています。胃潰瘍での入院は、検査や治療のために行われる場合があります。また、胃潰瘍の手術には開腹手術と内視鏡手術があります。食事のポイントとしては、胃を刺激する食品を避けることや、1度に食べる量を少なくすること、しっかり噛んでゆっくり食べることが挙げられます。

お悩み

胃がんの末期症状とは?貧血、消化管閉塞、腹水、腹膜播種を解説

胃がんの末期症状には貧血、消化管閉塞、腹水、腹膜播種などがあります。これらの症状は、胃がんが他の臓器に転移し、全身的な影響を及ぼす段階に進行すると現れます。食欲低下や体重減少、腹部の張りなどが特徴で、緩和ケアが重要です。

お悩み

胃痙攣の原因はストレスだけじゃない?薬の選び方と対処法

この記事では、胃痙攣の原因や対処法を解説しています。ストレスや過食など多岐にわたる原因があり、対処法も様々です。症状が続く場合は病院で検査が必要となります。超音波検査や胃カメラ検査などの方法も紹介しています。

お悩み

胃がん検診は2年に1回で十分な理由と検診を受ける間隔

胃がん検診の対象者は、2年に1回の頻度で基本的に50歳以上となりました。以前は1年に1回だったのに、2年に1回に減らしてしまって本当に大丈夫だろうか?と疑問に思われた方もいらっしゃることでしょう。ここでは、胃がん検診を受ける間隔について解説します。

お悩み

胃潰瘍の症状の特徴は?胃がんとの違いと見分けるための検査方法

胃潰瘍と胃がんの症状には共通点があり、治療を行うにあたって両者を鑑別することが重要になります。 ここでは胃潰瘍の症状の特徴について確認し、胃潰瘍と胃がんの共通点や違いや、見分けるための検査方法について解説します。