消化器症状

消化器症状

逆流性食道炎でやってはいけないことは?治りにくい、体重が減る原因

この記事では、逆流性食道炎についての悩みや治療法、生活習慣の改善方法に焦点を当てています。症状や治療に関する読者の質問に答えながら、食事や姿勢の注意点、漢方薬の効果などについて解説しています。逆流性食道炎の治療においては、根気よく薬物治療を続けることが重要であり、適切な生活習慣の改善も不可欠です。

消化器症状

下痢が続くのに腹痛がない!?原因になる病気と対処法

この記事では、腹痛を伴わない下痢の原因について解説しています。冷え、ストレス、食あたり、薬の副作用、病気などが挙げられ、症状に合わせた対処法も紹介。下痢の種類(浸透圧性、分泌性、蠕動運動性、滲出性)や対処法(水分補給、胃腸に負担のない食事、漢方薬)も詳細に説明しています。

消化器症状

気づいたきっかけは?大腸がんの初期症状となりやすい人の特徴

この記事では大腸がんの初期症状や気づくきっかけ、検査方法について詳しく解説しています。便潜血検査や血便、貧血などの症状が大腸がんの発見につながることがあります。また、大腸がんになりやすい人の特徴や生活習慣、遺伝などについても述べています。大腸がんが疑われる便の特徴についても紹介。

消化器症状

太らない?アミラーゼが多い人の特徴とアミラーゼのチェック方法

この記事では、アミラーゼに焦点を当て、唾液由来や膵臓由来のアミラーゼについて詳しく解説しています。アミラーゼの高低は様々な病気や肥満との関連が指摘され、アミラーゼ遺伝子の数が太りにくさに影響する可能性も紹介。アミラーゼのチェック方法や高値の時に疑われる病気、唾液アミラーゼが多い人が太りにくいとされる理由なども触れています。

消化器症状

ぽっこりお腹は腹水?それとも肥満?腹水の見分け方と治療法

この記事では、腹水の見分け方と治療法に焦点を当てています。腹水と肥満の違い、腹水の症状、診断方法(打診、触診、自覚症状)、腹水の原因(がん性腹膜炎、肝硬変、腎不全など)と治療法について詳細に解説します。腹水の場合の食事制限や利尿剤の使用についても紹介しています。

消化器症状

膵臓が悪いと出る症状とは?膵臓がん・膵炎・膵のう胞の症状の出方

膵臓の病気には膵臓がん、膵炎、膵のう胞があります。初期症状が乏しく、進行してからの症状が顕著。腹痛、背部痛、嘔吐、黄疸、食欲不振、体重減少がよく知られています。急性膵炎は急激な腹痛と嘔吐が特徴。慢性膵炎は腹痛や嘔吐、体重減少が続きます。膵のう胞は液体が蓄積し、症状がなく経過観察が一般的です。膵臓がんは初期は無症状で、進行すると腹痛や黄疸が現れます。慢性炎症や遺伝が危険因子で、症状が続く場合は医療機関での診察が重要となります。

消化器症状

食道がんになりやすい人の特徴は?初期症状とリスク要因をチェック

この記事では、食道がんになりやすい人の特徴や初期症状、リスク要因について解説しています。食道の構造や働き、食道がんの発生メカニズムについても詳しく説明します。特に、飲酒や喫煙習慣などが食道がんのリスクを高める要因とされます。初期症状に関しては、自覚症状が少ないため定期的な検診が重要であり、飲酒や喫煙、逆流性食道炎などの特徴がある人は注意が必要です。

消化器症状

朝の吐き気の原因と、気持ち悪いときの対処法

朝の吐き気の原因は多岐にわたり、胃もたれ、自律神経失調症、機能性ディスペプシア、逆流性食道炎、低血圧などが考えられます。対処法として、水分摂取、刺激物避け、消化に良い食品選択、食事量調整、ストレス管理、睡眠確保が挙げられ、漢方薬も役立ちます。

消化器症状

背中の痛みは膵臓の病気?膵炎・膵がんの痛みの特徴と痛む場所

この記事は膵臓の位置、働きから始まり、膵臓がん、急性膵炎、慢性膵炎の症状に焦点を当てて解説しています。背中の痛みや黄疸、糖尿病、食欲不振、体重減少などの症状に注目し、神経浸潤や神経障害性疼痛にも触れています。

消化器症状

病院は何科?へその周りが痛い原因と受診する診療科の違い

この記事は、へその周りが痛む原因として感染性腸炎や虫垂炎、急性膵炎、潰瘍性大腸炎、臍ヘルニア、化膿性尿膜管嚢胞、婦人科系疾患などが挙げられ、それぞれの疾患について詳細に説明しています。また、病院の受診目安や各診療科の適性についても解説しています。臍周りの痛みには様々な原因が考えられ、症状に応じて適切な医療機関を受診する必要があります。